学資保険とは?どういうときに加入するの?

保険の中に学資保険があります。かつてはそれほど種類がありませんでしたが、最近はたくさんの学資保険がそれぞれの保険会社から用意されているのがポイントです。学資保険とは、子供の将来の進学のために蓄えておく保険です。つまり学資保険とは、子供たちの保険でありながら夫婦の点でもあります。このような学資保険が増えた理由は、景気が悪くなったからです。
かつては、夫婦共働きで働いていたとしても、年収が年齢とともに上がっていったため、子供の進学にお金がかかる時期は当然ながら年収も大きく増えていました。そのため、わざわざ学資保険を利用する必要はありませんでした。
ですが、現在は将来的に収入が増える可能性は見えておらず、あまりお金がかからない子供のうちから学資保険に入るのが一般的です。つまり学資保険とは、将来の子供の進学のために小さいうちから貯めておく保険になります。
保険会社には、子供向けの生命保険がありますが、基本的に学資保険とは種類が異なります。生命保険は、将来の進学のためにあるわけではなく、子供の病気にお金がかかる場合、入っておいた方が安心するといった内容です。
このように、同じ保険でも全く意味合いが異なりますので、保険会社のセールスマンの口車に乗せられて、無理に両方とも加入する必要はありません。本当に必要なものに必要なだけお金を使うのも賢い生き方です。学資保険は、200万円返済されるプランで毎月の支払い額が1万円から1万2千円程度になります。