カードローンの金利・利息の考え方とは?

給料日前やボーナスの支給日前に、手持ちのお金が少なくなって生活費を切り詰める方も多いのますが、そのようなときに、まとまった金額のお金が急に必要になったらどうしますか。家族や親しい友人から借りるのも1つの手ですが、今日中に何万円ものお金が必要というような場合には、頼まれる方も困ってしまいます。そのようなときに大変便利なのがカードローンです。
カードローンの最大のメリットは、初めて利用する人に対しても即日融資が可能など、その利便性の高さにあります。これまでカードローンを利用したことがない場合、まずは契約手続きから始めることになります。契約申込みを行うと、どんなローンでも審査が行われるのですが、カードローンの場合はこの審査スピードが大変速いのです。申し込んだその日のうちに審査結果が出ることも多く、その後に契約手続きを完了すればすぐに借り入れ可能となります。
もちろん、カードローンにもデメリットは存在します。一番大きなデメリットは金利の高さです。住宅ローンやカーローン、教育ローンなど他の用途のローンと比べて、カードローンの金利はかなり高めに設定されています。
金利は、借り入れ額に対する利息の比率のことですから、金利が高いと、毎月の返済時に支払う利息の額も大きくなります。借入期間が長くなるほど、利息の支払い負担が重くのしかかります。
負担をできるだけ小さくするため、カードローンの利用は、急な出費が必要な場合など、特定の場合に限ることが望まれます。また、お金に余裕がある月には繰り上げ返済を積極的に行い、借り入れ額を早期に縮小していくことも重要です。

カードローンの口コミ・評判ランキングはこちら